【CD】名作歌劇 奥山の牡丹/伊江島ハンドー小

つは琉球店SKU: cd_033_a
filler

アイテム: CD奥山の牡丹
価格:

1.CD  奥山の牡丹

【歌劇 奥山の牡丹・解説】

●大正三年二月初演,伊良波尹吉の手による大型歌劇である。
土族の若者と賤民の娘の恋に始まり,物語は復讐劇となり,やがて,親子二代にわたる骨肉の情愛を描いて幕となる。
まったくの余談になるが,大衆文学の大御所吉川英治は「いかにすれば,大衆小説が書けるか」という弟子の問に「恋,裏切り,復讐,骨肉の情,これにちょっと笑いを加えたまえ」と答えたという。
歌劇「奥山の牡丹」は,まさにそれらの要素をすべて取り入れて構成されている。小デュマの名作「椿姫」にヒントを得た劇構成もさることながら,伊良波尹吉は,組踊りの要素の上に,「あやぐ」「でんさ節」等々,当時としては鮮度が濃かったであろう宮古,八重山の島うたを取り入れた歌劇技法を用いて,心憎いなかりの劇展開をやってのけて大向うをうならせた。
作者の実子,伊良波晃,冴子兄妹が今,二枚目看板で親の作品を舞台にかけているのも,またうれしい。

【配役】
勢頭の娘チラー:亀谷とみ子
  勢頭の頭チラーの父:波田間武雄
平良の嫡子 三良:比嘉盛保
  三良の母:大城志津子
  総聞:知名定男
  妾:我如古より子
  郎党:久志貞光/吉田安男
  主ぬ前 二人:徳原清文
  京太郎 五人:新芸会
  馬舞者 二人:金城実/宮里栄弘
 山戸:山内たけし
 高良の父:吉田安男
  真玉律:金城洋子
  真玉律の乳母:宮里康子
  その他:新芸会

【地謡】
唄・三絃:知名定男/徳原清文
琴:上地律子/宮城秀子
伴奏:新芸会

2)CD歌劇 伊江島ハンドー小

〈配役〉
ハンドー小---饒辺 勝子
マチ小---仲宗根 悦子
船頭主---徳原 清文
加那---神谷 幸一
村頭---宮里 栄弘
加那の妻---石原 恵美子
村の若者二人---金城 実,松田 弘一
その他大勢---新芸会

〈地謡〉
唄・三絃---知名定男
琴---上地 律子,宮城 秀子
伴奏---新芸会

3.CD 歌劇 泊阿嘉

 (配役)
阿嘉---田場盛信
阿嘉の父---松田弘一
伊佐の思鶴---我如古より子
思鶴の乳母---瀬良垣苗子
思鶴の父---波田間武雄
船頭---前川守賢
その他---新芸会

 (地謡)
唄・三絃---知名定男
琴---知名定繁
伴奏---新芸会

お支払いについて

Amazon American Express Apple Pay Daily Yamazaki FamilyMart Google Pay JCB Lawson Mastercard Ministop 7-Eleven Shop Pay Visa

お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

この商品を見た人はこんな商品も見ています

この商品もおすすめ